Brickアフィリエイトサービス

ASP事業「Brick」

Brickを始めた経緯とサービス内容

昨今は、インターネットの普及もあり「自分の商品を多くの人に広めてもらいたい」と考える人が、法人・個人を問わず多く見られます。こうしたニーズに対応する手段の一つが、「アフィリエイト」です。

ブログやSNS等を活用して、商品やサービスを紹介し、世間に発信していき、その結果、商品やサービスを使いたいと思うユーザーに届けることができれば、企業から謝礼を受け取る仕組みであり、「成果報酬型の広告事業」と言われています。

一般的に「アフィリエイター」とは、こうしたアフィリエイト事業を手がける事業者のことです。アフィリエイターとして世間に浸透しているのは、YouTuberではないでしょうか。YouTubeという動画投稿サイトを通して、様々な企業が発信したいと思う商品やサービスを宣伝し、広告料としてクライアントである企業から収入を得ています。こうした仕組みを、いわゆる企業案件と呼ぶのが通例です。

YouTubeに限らず、インスタグラムやTwitterといったSNSでも企業案件は多く見られ、影響力が強いインスタグラマーやインフルエンサーが自身のアカウントでの宣伝を通して広告収入を得ています。彼らが広告収入を得ることができるのは、それなりの影響力があるためです。企業からすると拡散能力があると捉えられ、企業側からオファーを受けることがほとんどでしょう。そのため、誰でもできる行為ではなく、いくらSNSを使ってアフィリエイトをしようとしても、企業案件を得ることは容易ではありません。

そこで、活用できるサービスが、「アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)」です。

ASPがもつ役目は、「商品やサービスを宣伝したい」と願う個人や法人と、アフィリエイト事業を立ち上げたいと考える事業者様とのマッチングにあります。ASPでは、多くの法人・個人の方々と繋がり、商品やサービスもバリエーション豊富に取り揃えているのが特徴です。例えば、飲食店やエステサロンといった実店舗を紹介してほしいところもあれば、化粧品やサプリメントなどのヘルスケア商品もあります。また、携帯電話やインターネットに代表される通信サービスも商品の一つです。

アフィリエイターが事業を行うためには、ASPに登録するだけで問題ありません。つまり、影響力を持っていない人であっても、様々な商品やサービスをPRすることができるため、アフィリエイト事業を気軽にできるのがASPの魅力です。ASPがあることによって、クライアントである個人や法人は、多くのアフィリエイターに宣伝をしてもらうことができます。

一方で、アフィリエイターとしては、自由に商品やサービスを選び宣伝をすることができるので、互いにメリットがある手段といえるでしょう。

株式会社ディプセルは、「Brick(ブリック)」という名称でASPを運営している会社です。

Brickにはレンガという意味があり、弊社の理念を象徴するように「レンガを組んでしっかりとした家を建てるように、多くの企業とアフィリエイターとの連携や明るい未来を築いていく」といった思いを込めています。

Brickが現在扱っているサービスは、物販事業者向けの会員制卸売サイトです。

ここ近年、ネット通販における市場規模の拡大は、時間を追うごとに進んでおり、日本でも屈指の成長市場といえます。特に、個人事業主でも参入しやすいECモールや通販サイトも増加傾向にあり、販路に対するハードルは非常に低くなっているのが現状です。とはいえ、個人事業主は法人と異なり、仕入れが難しいといった点が否めません。

実際、新しく物販事業を始める個人事業主がぶつかる問題が次の3つです。

(1)仕入れるアイテムについて
(2)仕入れる場所について
(3)仕入れる個数について

まず、仕入れるアイテムが決められなければ物販事業のスタートは切れません。とはいえ、闇雲に仕入れをしていても、売れる商品を扱うことができず、結果的に在庫を抱えることも考えられるでしょう。こうした仕入れるアイテムに関する問題をクリアするために欠かせないのが、市場リサーチです。しかし、数あるECサイトやモールをチェックして売れる商品を把握したり、価格帯をリサーチしたりするのは至難の技でしょう。

仕入れる商品の価格帯もポイントで、利益が上がる値段で仕入れなければ意味がありません。日本の仕入先に出会えれば最高ですが、日本は物価も高く希望通りの仕入れ先を見つけられない可能性もあります。その場合、海外の仕入先にターゲットを変更する必要もあるでしょう。さらに、見つけた仕入れ先が、安定した商品提供をすることができるかどうかというのも、問題になります。

売れ行きのいい商品に出会ったとしても、仕入れ先が取り扱いを中止するようなことがあれば、再び仕入れ先をリサーチしていかなければなりません。場合によっては、その商品を諦めて違う商品を探すこともあるでしょう。


加えて問題になるのが、仕入れにおけるロット数です。多くの仕入先は、最低でも1ロット数十個からの条件を設けています。場合によっては、100個単位で仕入れなければならない可能性もあるでしょう。これらの仕入れにまつわる難題は、個人事業主にとって高いハードルであり、ECサイトへの参入に対して二の足を踏ませる要因ともなっています。

この課題を解決できる方法として登場したのが、会員制卸サイトです。

会員制卸サイトでは、運営側ですでにリサーチした売れやすい商品を、一つずつ仕入れることができます。

このサイトを運営しているのは、国内に拠点をもつ日本企業であり、海外サイトのように英語等を使ったやり取りをしなくても問題ありません。2021年7月の段階で、約2,000種類ものバリエーション豊かな商品を用意しており、新商品が随時追加されています。また、陳腐化した商品の見直しや切り捨ても手がけており、いつでも目新しくてよく売れる商品を選ぶことが可能です。これからネット通販事業を行おうと考えている方や、新たな販路探しをしている方にぴったりのサービスと言えるでしょう。そのほか、たくさんのサービスをご用意しております。

Brickは企業とアフィリエイターとの橋渡しをする、日本トップクラスのマッチングサービスとなるべく日々精進していきます。

最新記事